2006-07

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はてなブックマークコメントを読む方法

はてブコメントを表示するGreasemonkeyスクリプトを書いたのは、そうでもしないとコメントを目にすることができないから。

コメントへのナビゲーションが悪い一方で、そのページの内容を判断するのに有益な情報がコメントに含まれているケースも多い。また、コメントの利用頻度が低いとしか思えない割に、はてな内ではコメントをめぐる議論意見があって、運営側による機能変更がなされたりしている。

みんなどうやってコメント読んでんのかな、と思って、質問をしてみた。

みんなひたすらページ遷移しまくっているようである。コメントがあるかどうか分からないのにエントリーに飛ぶ前にコメントを読んだり、エントリーを読んでから戻ったり。ありえないのだが。

はてなにするとサイト内滞在時間が長い方が広告収入が上がるのだろうが、そういう考え方だとするとGoogleとは逆だね。

コンピュータ・ユーザーに多くの時間をヤフー上で使ってもらいたい、というのが理由の一つだった。グーグルの検索エンジンは、ユーザー一人ひとりを、それぞれが関心を持っているウェブサイトに瞬時に到達させ、それによって、ユーザーの質問に迅速に答えることを目的に設計されていた。それに対し、ヤフーのディレクトリは、ユーザーが求める情報を提供すると同時に、ユーザーにヤフーのサイトに留まってもらって、ショッピングをしたり、広告を見たり、メールをチェックしたり、ゲームで遊んだりして、より多くのお金と時間を使ってもらうことを目的に設計されていた。

「Google誕生」デビッド・ヴァイス/マーク・マルシード(イースト・プレス ISBN:4-87257-644-6)p.71

グーグルは、検索エンジンのユーザーに対して利用者登録をさせようともしなかったし、ウェブサイトに長時間滞在させるようなサービスも提供していなかった。AOLやヤフーなどのインターネット界のリーダーたちが、ユーザーがサイト上にいる時間を引き延ばそうとしていたのに対し、グーグルの関心は、どれだけ速く、検索結果を提供し、ユーザーのニーズに対応し、グーグルのサイトからユーザーが探している別のサイトに行かせられるか、というところにあった。

同pp.333-334

まあ、RSSやWebサービス(API)を提供してくれているから上記スクリプトを書けたわけなので、積極的にサイト内に留めようとしているわけではないようだが。
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

移転しました。

ブログ引っ越しました。
無用の科学あるいは錬金術

 

株価情報

 

最近の記事

最近のコメント

 

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

ブログ内検索

 

なかのひと

 

ヘビーローテーション

 

 

リンク

広告

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。