2007-01

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YouTubeの歴史(GQ JAPAN)

GQ JAPANってギークな人達はあんまり読まないのかもしれないが(僕も買わないで貰ったんだけど)、2007年3月号に「約1600億円で買収されたYouTubeって、ナニモノですか?」という7ページの記事がある。読者層としては上昇志向な一般ビジネスマン向けってとこかな。しかしなかなかいい記事と思う。GQ USAで取材したらしい。US版GQのサイトを見ようとしたがGQ JAPANに飛ばされてしまった。
見出しは
「創業者2人は20代! きっかけは自宅の猫自慢。」
「無名企業が16億ドルに。買収までの2年間全記録。」
「著作権侵害者か、勝者か? 現段階では未知数です。」

一番最初の投稿は創業者の一人スティーブ・チェンの飼い猫動画だったとか。そういえば猫のムービーをよく目にすると感じていたのだがそのせいか? 僕は別にねこ大好きじゃないので少し奇異に思っていたくらい。

特に、2006年10月9日のGoogleによる買収までの歴史を綴ったページは秀逸。ネット上にもここまでまとまっているのはないんじゃないかな。Wikipediaの記事より詳しい。成功までの道程というだけでなく、どんな動画が世間に影響を与えたかということをきっちり掴んでいる。
興味を惹くトピックとしては

・Nike「ロナウジージョ:黄金のタッチ(Touch of Gold)」
・サタデーナイトライブ「レイジーサンデー」
・funtwo「ギター」
・OK Go「A Million Ways」
・ダイエットコークとメントスの「Experiment #137」
Lonelygirl15

とか。
Nikeが利用したのは2005年10月20日とある。
OK Goとコーラ噴水を観たのはリアルタイムだったのかな。Lonelygirlもちょこっと観た。

あとはワーナーとの提携時に著作権設定された音楽を使用していることを自動的に探知するシステムを開発した話は、記事にもなっていたようだが、初耳だった。ちゃんと動いているのかな。JASRACには使えないのか。

「歴史」と呼んでしまうと終わったというか一段落付いている感があるね(創業者の二人って悠々自適にリタイアしてるのか?)。買収後も著作権リスク云々の話はまだあるのだろうけど、なんか落ち着いて既にインフラとして定着している。

1/28追記
YouTubeにまだ動きあり。純粋にビジネスでの動きだけど、GIGAZINE「YouTube、動画投稿者に対して報酬を準備中」
GQ JAPANの記事によると、GIGAZINE追記事で挙げられているRevverは、上記「Experiment #137」が元々掲載された場所。Revverでは広告収入が投稿者にも配分されるのだが、無断転載されたYouTubeでの閲覧分には報酬が生じないという問題が起こっていたのだ。
CNETに記事がある。)

ついでにチャド・ハーリー氏はCEOとしてご活躍中。
ついでにYouTubeについての本が昨年12月に出ている。「YouTube革命」。ざっと見たところ歴史についての記述は少ない。
スポンサーサイト

テーマ:YouTube - ジャンル:コンピュータ

芥川賞と朝日新聞書評と404 Blog Not Found

直木賞が該当なしだったので書店的にはあまり面白くないのだが。
青山七恵の既刊が16日の発表後こんな動き。
Amazon Rank Viewer: 窓の灯
ちなみにPubLineではわずかに動いている。受賞作ではないし在庫が少なくて展開のしようもないのである。買ってくれたのは熱心な読者だよ。『文藝春秋』を待つしかない。

朝日新聞書評は掲載後に跳ねたものと大して動かないものがある。紙面での扱いを確認していないので何ともいえない。
14日掲載で顕著なのはこのあたり。
Amazon Rank Viewer: 満鉄調査部の軌跡―1907‐1945
Amazon Rank Viewer: 中世の旅芸人―奇術師・詩人・楽士
Amazon Rank Viewer: 経済原論
これらもPubLineでは散漫な動き。小さい店では在庫がないこともあるが、もっと緩やかな反応をするとも考えられる。

一方、404 Blog Not Foundで15日に紹介されはてなブックマークも101付いているのがこれ。
Amazon Rank Viewer: 組織を強くする技術の伝え方
見事。そしてこれがPubLineではまったく動きがない。12/18に発売の新書なのできっちり売っているんだけど、1/15前後で何の変化もない。

新聞を読んだりテレビやネットで知ったものは、Amazonなら自宅からすぐ反射買いできるからね。店頭で買うには時間を置くので、より高いモチベーションが求められる。店頭に在庫がなくて取り寄せになれば、入荷したら取りに行くという二度手間が必要なので面倒になってしまうだろう。一方Amazonならその場で完結。入手までの時間はおそらく変わらないのだけれど。

目的買いがAmazonに流れるというのはよく分かる話だけれども、ネットに限らない他メディア発の需要もAmazonに吸収されているのかもしれない。パブリシティ情報を事前に欲しいという声もよく聞くけれど、それだけでは追いつかないだろう。その商品を欲しいと思った人はすぐネットで買ってしまう。「テレビでやってたあれ」を店内で認知させる、書店という空間を活かしたフォローが重要。まぁそういう需要が大抵長続きしないので難しいのだけれど。
書店発のムーブメントである筈の本屋大賞も、『本の雑誌』増刊が店頭に並ぶ前に発表会やるんだっけ? 最近はそれがテレビや新聞で紹介されたりしなかったっけ? 下手するとAmazonで買われるんじゃないかなぁ。

Amazon Rank Viewer(続)

Amazon Rank Viewerにはてなの注目商品に加えて、テクノラティのブックランキングAmazonのヒット商品朝日新聞書評を自動取得。
さらにAmazon商品ページにグラフを表示するGreasemonkeyスクリプトを書く。

AmazonRankViewer.user.js


これでAmazonのページを開きさえすれば自動的に計測開始する。
朝日の書評は水曜にWeb掲載で日曜紙面掲載だから面白いのが見られる筈。他はどうかなぁ。これらのランキングに上がったものを更にその後も追跡しないといけないかな。その仕組みも欲しいか。あとは出版者なり誰かがいち早く登録してくれるといいのだが。

ToDo: データが蓄まってきたら表示期間指定機能を付ける。

Amazon Rank Viewer

Amazon.co.jpの売上ランキング推移を調査する、を作った。

Amazon Rank Viewer

もちろんPubLineを念頭に置いて、書籍のマーケティングツールとして。
ISBNは13桁で作ったがASINも通す。
しかし全商品をクロールするわけにはいかんからなぁ。
一度表示させた商品はその後一定時間ごとにSalesRankを取得する。今は6時間おきにしてる。
一応はてなブックマーク注目の商品を自動登録するようにした。Amazon.co.jpベストセラーでもいいけど、それでは面白くないと思う。

海外では百式さんが紹介していたTitleZや、Rankforestというのがあるんだけどね。全商品クロールしてるのか?

cronを使わないといけないのでさくらのスタンダードプラン。MySQLが使えるようになるが結局使わず、テキストファイルとdbmでやる。しかしシェルが使えるようになってもエラーログは見られないのか。
mingplotを使ってFlashのグラフを生成する。ファイルでなく標準出力に書き出すメソッド追加があっさり通ったので楽だった。
さくらへのインストールもこのへんを参考に何とかした。自分でインストールしたライブラリをrequireするためにホーム下をRUBYLIBに設定しなければいけないのだが、なぜか#!/usr/local/bin/ruby -I hoge/hogeが通らなくて苦労した。$LOAD_PATH << 'hoge/hoge'として何とかなった。
Ajaxなインターフェースも作りかけたけどフレームに逃げる。
検索機能もいるのかなぁ。

テーマ:Webマーケティング - ジャンル:ビジネス

«  | HOME |  »

移転しました。

ブログ引っ越しました。
無用の科学あるいは錬金術

 

株価情報

 

最近の記事

最近のコメント

 

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

ブログ内検索

 

なかのひと

 

ヘビーローテーション

 

 

リンク

広告

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。