2007-07

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・続・アマゾンハック

乗りかけた船なのでもうちょっと。

ノッフ! - あなたの会社に僕がうかがいます

会社に来られても困ると思う。
先述のようにISBNは個人でも取得できるから法人格は必要ないし、儲からない話なら会社じゃなくてボランティアやカンパを募らないと。

「介護支援専門員基本テキスト」というケアマネ受験者必携の本がある。ISBNが付いていなくて、Amazonでは売られていない。
日販トーハンセブンアンドワイでは対応しているが、かんぽう東京官書普及あたりで買うのがメジャーかな。大きい本屋に行けば売ってる。さらに、町の小さい本屋、ネットも通ってなくてPOSレジもないような店でも、注文すれば入手できる。書籍の流通システムにはいろいろ問題があると云われるけれど、これができるんだよね。
ケアマネの受験者数やPubLineの数字を見ると10万部行くのかな?
流通に不便な「介護支援専門員基本テキスト」は7,000円×10万部=7億円。
Amazonで販売した「ぼくばな」は1500円×300部=45万円。
ISBNを付与してAmazonで流通させる業務を請け負うとして、対象とすべき商材はどちらか。

つまり、そこまでAmazonを過信しなくても、価値のある本は需要があって供給されるし、価値のない本はどうやっても売れない。

Amazonが商売敵だから貶めているわけではなくて、ネットを使うのにAmazonはもはやインフラとして欠かせないのは実感している。本を買うことはないけど、アソシエイト付き書評ブログは参考にしているし、売上ランキングは面白いし、AWS使わせてもらってる(リンク先はちゃんとAmazonにしている。アソシエイト付けるけど)。
ただネット=Googlezonではないし、社会=ネットではない。

今のモニタで長い文章を読めない点には完全に同意する。

・ 10年後のモニタでブログを読めば、記事の質が変化する
・ 高度に発達した印刷や流通は10年後のモニタと見分けがつかない
・ オープンでフリーな心があれば記事を売るのは難しくない


他のブログサービスは調べてないけど、はてなダイアリーブックは他人の日記も製本できるから、それで充分じゃない?
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

移転しました。

ブログ引っ越しました。
無用の科学あるいは錬金術

 

株価情報

 

最近の記事

最近のコメント

 

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

ブログ内検索

 

なかのひと

 

ヘビーローテーション

 

 

リンク

広告

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。