2017-10

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CAPTCHAで偶然英単語

チンパンジーにタイプライターを叩かせるといつかはハムレットを書く(無限の猿定理)とかよく言われるが、CAPTCHAで意味のある単語が表示される確率はどんなものだろうか。
CAPTCHA

GoogleのCAPTCHAはぱっと見た感じ(Gmailへの登録を何回もやろうとすると怒られた)6~8文字っぽい。
cat /usr/share/dict/words | ruby -ne 'print $_ if 6<$_.size && $_.size<10' | wc #=>17108
17108/(26^6+26^7+26^8)=7.87777965*10^-8
0.000008%か。10,000,000回に1回以下。すっげー。
と思ったけど、どうもGoogle様のCAPTCHAは数字も出てこないし母音と子音を調節して配しているように見えるので、実際はもっと確率が高そうだ。
スポンサーサイト

トラックバック

http://worris.blog61.fc2.com/tb.php/68-fc2ce463

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

移転しました。

ブログ引っ越しました。
無用の科学あるいは錬金術

 

株価情報

 

最近の記事

最近のコメント

 

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

ブログ内検索

 

なかのひと

 

ヘビーローテーション

 

 

リンク

広告

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。